HOW TO 1

ベタつく頭皮のスカルプケア

DATE 2020/06/18

夏はじめじめして汗をかくから頭皮がベタつきやすい…なんてことありませんか?そのベタつきは皮脂の汚れが原因なんです。皮脂の汚れは、頭皮のベタつきだけでなく、毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛を細くしてしまいます。キャリアオイルと精油だけでかんたんに作れる、頭皮の皮脂バランスを整えてくれるヘアオイルを、自宅でできるヘアケアとともにご紹介します。

HOW TO 1

ベタつく頭皮のスカルプケア

DATE 2020/06/18

夏はじめじめして汗をかくから頭皮がベタつきやすい…なんてことありませんか?そのベタつきは皮脂の汚れが原因なんです。皮脂の汚れは、頭皮のベタつきだけでなく、毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛を細くしてしまいます。キャリアオイルと精油だけでかんたんに作れる、頭皮の皮脂バランスを整えてくれるヘアオイルを、自宅でできるヘアケアとともにご紹介します。

HOW TO 1

ベタつく頭皮のスカルプケア

DATE 2020/06/18

夏はじめじめして汗をかくから頭皮がベタつきやすい…なんてことありませんか?そのベタつきは皮脂の汚れが原因なんです。皮脂の汚れは、頭皮のベタつきだけでなく、毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛を細くしてしまいます。キャリアオイルと精油だけでかんたんに作れる、頭皮の皮脂バランスを整えてくれるヘアオイルを、自宅でできるヘアケアとともにご紹介します。

髪の毛がベタつく原因って?

まず、「髪の毛がベタつく」とは髪に油分が残っている状態のことをいいます。例えば、スタイリング剤をつけていないのに束感を作れてしまったり、根元の髪が脂っぽく地肌が透けて見えてしまいそうだと髪の毛がベタついていると言えます。ではそんな髪の毛のベタつき、何が原因なのでしょうか?

実は皮脂の汚れがベタつきの主な原因となっています。皮脂の汚れは髪の毛をべたつかせるだけでなく、毛穴に詰まってしまい、頭皮の血行を悪くしてしまいます。頭皮の血行が悪くなると髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛が細くなりハリやコシがなくなってまうんです。

また頭皮がベタつくからと言って、過度に頭を洗いすぎるとかえって皮脂を落とし過ぎてしまい、余計にベタついてしまうのです。ドライヤーの熱による髪の毛の水分不足も皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

ベタつく頭皮にオイル!?

髪の毛がベタつくのは皮脂の汚れ・毛穴のつまり・髪を過度に洗いすぎる・髪の水分不足と説明しましたが、実はヘアオイルが効果的なんです!「ベタつくのになんでオイル?」と思われるかもしれませんが、植物のオイルは髪の過度な洗浄や、水分不足によって傷んだ髪の毛に適度な油分を与えてくれます。また、頭皮の血行を良くし、毛穴の中の汚れを落とすことができるので、ベタつきの主な原因である、皮脂の汚れ・毛穴のつまりも解決してくれるんです。

今回のヘアオイルは皮脂バランスの調整に特化したキャリアオイルと精油だけで作ってみました。また、作り方と一緒にご自宅でできる簡単なヘアケアもご紹介しているので、ぜひマネしてみてくださいね。

準備するもの

・ホホバオイル 50ml

・精油(ゼラニウム・レモン・ネロリ)

・空き瓶(スポイト付きのものだと使い勝手もよく、オイルも清潔に保てます)

・ビーカー(ない場合は、精油を入れても大丈夫な容器をご用意ください

STEP1 精油を配合する

ホホバオイル50mlに対して精油は10滴入れます。ゼラニウムが5、レモンが3、ネロリが2の割合で配合しましょう。

ゼラニウムは皮脂バランスの調整、レモンは皮脂分泌抑制、髪の強化、ネロリは保湿の効果があります。より頭皮をすっきりさせたい方にはスペアミントやグレープフルーツの精油を入れるのがおすすめです。

STEP2 オイルを空き瓶に入れ替える

今回キャリアオイルにはホホバオイルを使用しました。ホホバオイルには髪を紫外線から守る、保湿、フケ防止、皮脂の調整などの効果があります。

夏になるとやはり気になるのは紫外線ですよね!肌へのUVケアだけでなく、髪の毛も実は紫外線のダメージを強く受けているんです。紫外線は髪の毛の痛みやパサつきの主な原因のひとつですが、ホホバオイルでヘアケアをすることで紫外線ダメージを受けにくくすることができます。

さらにホホバオイルには、皮脂の調整をしてくれる効果もあります。夏の頭皮はベタつくことが多くなり、皮脂バランスが崩れがちになってしまいますが、そのバランスを整えてくれて、ハリ・コシのある艶やかな髪の毛にしてくれます。

STEP3 精油をオイルが入った瓶に入れる

精油をオイルが入った瓶に入れて、混ぜ合わせるためにキャップをしめて瓶を振ります。オイル漏れや瓶の破損には十分お気をつけください。

これでヘアオイルの作り方は以上です!オイルを精油を混ぜ合わせるだけなので、すごくかんたんですよね。次はシャンプー前にするヘアケアの方法を3ステップに分けてかんたんにご紹介いたします。

STEP4 頭皮全体にオイルをもみこみながらマッサージ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 髪全体にオイルをもみこむ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 ヘアキャップをかぶり、30-60分置いたあとシャンプーをする

ヘアキャップがない場合はラップで代用できます。温めたタオルを上に巻いたり、お風呂に入りながら放置すると、頭皮が温まった状態になるので、より栄養分が髪の毛に吸収されます。ヘアオイルで髪の毛を保湿したあと、シャンプーをして洗い流しましょう。

最後に

オイルでヘアケアをすることで髪のベタつきの原因である、皮脂の汚れや毛穴のつまり、髪の水分不足などを解決してくれ、頭皮環境が良くなりハリとコシのある健康な髪になります。今回はシャンプー前にヘアオイルを使ってみましたが、ドライ前に使用しても効果的です。

ホホバオイル・ゼラニウム精油・レモン精油・ネロリ精油はどれも髪の毛に良い働きをもたらしてくれるので、髪の毛の皮脂バランスを整えて、ぜひ「あなただけのヘアオイル」でベタつく夏を乗り越えましょう。

髪の毛がベタつく原因って?

まず、「髪の毛がベタつく」とは髪に油分が残っている状態のことをいいます。例えば、スタイリング剤をつけていないのに束感を作れてしまったり、根元の髪が脂っぽく地肌が透けて見えてしまいそうだと髪の毛がベタついていると言えます。ではそんな髪の毛のベタつき、何が原因なのでしょうか?

実は皮脂の汚れがベタつきの主な原因となっています。皮脂の汚れは髪の毛をべたつかせるだけでなく、毛穴に詰まってしまい、頭皮の血行を悪くしてしまいます。頭皮の血行が悪くなると髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛が細くなりハリやコシがなくなってまうんです。

また頭皮がベタつくからと言って、過度に頭を洗いすぎるとかえって皮脂を落とし過ぎてしまい、余計にベタついてしまうのです。ドライヤーの熱による髪の毛の水分不足も皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

ベタつく髪にヘアオイル!?

髪の毛がベタつくのは皮脂の汚れ・毛穴のつまり・髪を過度に洗いすぎる・髪の水分不足と説明しましたが、実はヘアオイルが効果的なんです!「ベタつくのになんでヘアオイル?」と思われるかもしれませんが、ヘアオイルは髪の過度な洗浄や、水分不足によって傷んだ髪の毛に適度な油分を与えてくれます。また、頭皮の血行を良くし、毛穴の中の汚れを落とすことができるので、ベタつきの主な原因である、皮脂の汚れ・毛穴のつまりも解決してくれるんです。

今回のヘアオイルは皮脂バランスの調整に特化したキャリアオイルと精油だけで作ってみました。また、作り方と一緒にご自宅でできる簡単なヘアケアもご紹介しているので、ぜひマネしてみてくださいね。

準備するもの

・ホホバオイル 50ml

・精油(ゼラニウム・レモン・ネロリ)

・空き瓶(スポイト付きのものだと使い勝手もよく、オイルも清潔に保てます)

・ビーカー(ない場合は、精油を入れても大丈夫な容器をご用意ください

STEP1 精油を配合する

ホホバオイル50mlに対して精油は10滴入れます。ゼラニウムが5、レモンが3、ネロリが2の割合で配合しましょう。

ゼラニウムは皮脂バランスの調整、レモンは皮脂分泌抑制、髪の強化、ネロリは保湿の効果があります。より頭皮をすっきりさせたい方にはスペアミントやグレープフルーツの精油を入れるのがおすすめです。

STEP2 オイルを空き瓶に入れ替える

今回キャリアオイルにはホホバオイルを使用しました。ホホバオイルには髪を紫外線から守る、保湿、フケ防止、皮脂の調整などの効果があります。

夏になるとやはり気になるのは紫外線ですよね!肌へのUVケアだけでなく、髪の毛も実は紫外線のダメージを強く受けているんです。紫外線は髪の毛の痛みやパサつきの主な原因のひとつですが、ホホバオイルでヘアケアをすることで紫外線ダメージを受けにくくすることができます。

さらにホホバオイルには、皮脂の調整をしてくれる効果もあります。夏の頭皮はベタつくことが多くなり、皮脂バランスが崩れがちになってしまいますが、そのバランスを整えてくれて、ハリ・コシのある艶やかな髪の毛にしてくれます。

STEP3 精油をオイルが入った瓶に入れる

精油をオイルが入った瓶に入れて、混ぜ合わせるためにキャップをしめて瓶を振ります。オイル漏れや瓶の破損には十分お気をつけください。

これでヘアオイルの作り方は以上です!オイルを精油を混ぜ合わせるだけなので、すごくかんたんですよね。次はシャンプー前にするヘアケアの方法を3ステップに分けてかんたんにご紹介いたします。

STEP4 頭皮全体にオイルをもみこみながらマッサージ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 髪全体にオイルをもみこむ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 ヘアキャップをかぶり、30-60分置いたあとシャンプーをする

ヘアキャップがない場合はラップで代用できます。温めたタオルを上に巻いたり、お風呂に入りながら放置すると、頭皮が温まった状態になるので、より栄養分が髪の毛に吸収されます。ヘアオイルで髪の毛を保湿したあと、シャンプーをして洗い流しましょう。

最後に

オイルでヘアケアをすることで髪のベタつきの原因である、皮脂の汚れや毛穴のつまり、髪の水分不足などを解決してくれ、頭皮環境が良くなりハリとコシのある健康な髪になります。今回はシャンプー前にヘアオイルを使ってみましたが、ドライ前に使用しても効果的です。

ホホバオイル・ゼラニウム精油・レモン精油・ネロリ精油はどれも髪の毛に良い働きをもたらしてくれるので、髪の毛の皮脂バランスを整えて、ぜひ「あなただけのヘアオイル」でベタつく夏を乗り越えましょう。

髪の毛がベタつく原因って?

まず、「髪の毛がベタつく」とは髪に油分が残っている状態のことをいいます。例えば、スタイリング剤をつけていないのに束感を作れてしまったり、根元の髪が脂っぽく地肌が透けて見えてしまいそうだと髪の毛がベタついていると言えます。ではそんな髪の毛のベタつき、何が原因なのでしょうか?

実は皮脂の汚れがベタつきの主な原因となっています。皮脂の汚れは髪の毛をべたつかせるだけでなく、毛穴に詰まってしまい、頭皮の血行を悪くしてしまいます。頭皮の血行が悪くなると髪の毛に十分な栄養が行き届かず、髪の毛が細くなりハリやコシがなくなってまうんです。

また頭皮がベタつくからと言って、過度に頭を洗いすぎるとかえって皮脂を落とし過ぎてしまい、余計にベタついてしまうのです。ドライヤーの熱による髪の毛の水分不足も皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

ベタつく髪にヘアオイル!?

髪の毛がベタつくのは皮脂の汚れ・毛穴のつまり・髪を過度に洗いすぎる・髪の水分不足と説明しましたが、実はヘアオイルが効果的なんです!「ベタつくのになんでヘアオイル?」と思われるかもしれませんが、ヘアオイルは髪の過度な洗浄や、水分不足によって傷んだ髪の毛に適度な油分を与えてくれます。また、頭皮の血行を良くし、毛穴の中の汚れを落とすことができるので、ベタつきの主な原因である、皮脂の汚れ・毛穴のつまりも解決してくれるんです。

今回のヘアオイルは皮脂バランスの調整に特化したキャリアオイルと精油だけで作ってみました。また、作り方と一緒にご自宅でできる簡単なヘアケアもご紹介しているので、ぜひマネしてみてくださいね。

準備するもの

・ホホバオイル 50ml

・精油(ゼラニウム・レモン・ネロリ)

・空き瓶(スポイト付きのものだと使い勝手もよく、オイルも清潔に保てます)

・ビーカー(ない場合は、精油を入れても大丈夫な容器をご用意ください

STEP1 精油を配合する

ホホバオイル50mlに対して精油は10滴入れます。ゼラニウムが5、レモンが3、ネロリが2の割合で配合しましょう。

ゼラニウムは皮脂バランスの調整、レモンは皮脂分泌抑制、髪の強化、ネロリは保湿の効果があります。より頭皮をすっきりさせたい方にはスペアミントやグレープフルーツの精油を入れるのがおすすめです。

STEP2 オイルを空き瓶に入れ替える

今回キャリアオイルにはホホバオイルを使用しました。ホホバオイルには髪を紫外線から守る、保湿、フケ防止、皮脂の調整などの効果があります。

夏になるとやはり気になるのは紫外線ですよね!肌へのUVケアだけでなく、髪の毛も実は紫外線のダメージを強く受けているんです。紫外線は髪の毛の痛みやパサつきの主な原因のひとつですが、ホホバオイルでヘアケアをすることで紫外線ダメージを受けにくくすることができます。

さらにホホバオイルには、皮脂の調整をしてくれる効果もあります。夏の頭皮はベタつくことが多くなり、皮脂バランスが崩れがちになってしまいますが、そのバランスを整えてくれて、ハリ・コシのある艶やかな髪の毛にしてくれます。

STEP3 精油をオイルが入った瓶に入れる

精油をオイルが入った瓶に入れて、混ぜ合わせるためにキャップをしめて瓶を振ります。オイル漏れや瓶の破損には十分お気をつけください。

これでヘアオイルの作り方は以上です!オイルを精油を混ぜ合わせるだけなので、すごくかんたんですよね。次はシャンプー前にするヘアケアの方法を3ステップに分けてかんたんにご紹介いたします。

STEP4 頭皮全体にオイルをもみこみながらマッサージ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 髪全体にオイルをもみこむ

オイルを2・3滴手に取り、手で温めながら伸ばして、揉み込むようにしながらマッサージしましょう。指先で頭全体をグッと押したり、手のひらでこめかみ部分を後ろに引っ張ったりすると、より効果的です。

STEP5 ヘアキャップをかぶり、30-60分置いたあとシャンプーをする

ヘアキャップがない場合はラップで代用できます。温めたタオルを上に巻いたり、お風呂に入りながら放置すると、頭皮が温まった状態になるので、より栄養分が髪の毛に吸収されます。ヘアオイルで髪の毛を保湿したあと、シャンプーをして洗い流しましょう。

最後に

オイルでヘアケアをすることで髪のベタつきの原因である、皮脂の汚れや毛穴のつまり、髪の水分不足などを解決してくれ、頭皮環境が良くなりハリとコシのある健康な髪になります。今回はシャンプー前にヘアオイルを使ってみましたが、ドライ前に使用しても効果的です。

ホホバオイル・ゼラニウム精油・レモン精油・ネロリ精油はどれも髪の毛に良い働きをもたらしてくれるので、髪の毛の皮脂バランスを整えて、ぜひ「あなただけのヘアオイル」でベタつく夏を乗り越えましょう。